So-net無料ブログ作成

小林可夢偉の活躍 [F1]

今年もF1の開幕が近づいてきました。

と言っても、開幕戦だったはずのバーレーンGPがキャンセルされて、開幕は2週間も延びてしまったので、開幕を楽しみにしていたファンにはちょっと残念なところです。
理由が理由なので、仕方が無いところですが...

昨年は、唯一の日本人レギュラードライバーである小林可夢偉がそこそこ活躍してくれて、今年はより一層、活躍を期待してしまうところです。
開幕前の合同テストでは、各チームの力関係はいまいちみえないところもあるので、今年のマシンC30でどこまで行けるかはまだまだ未知数ですね。

昨年、他のドライバーとは違うタイヤ戦略で、コース上でのオーバーテイクを見せてくれた技を今年も期待してしまうところですが、タイヤはBSからPIRELLIに替わり、リムーバブルリヤウイングの採用や、KERSの復活などの影響がどれくらいあるかも楽しみなところです。

不況下にある現在の経済状況ですが、どこか大手の企業がスポンサーになって、応援してあげて欲しいと思っていたら、数日前にF1情報サイトで、ザウバーのマシンにNECのロゴがついていたという記事を見ましたが、どれほどの支援なのか、現時点では詳しい情報はありません。ザウバーのスポンサーはチームメイトのルーキー・ペレスの関連のメキシコ企業ばかりが目立っているので、もっと日本企業がスポンサーになって、そちらの意味でも、可夢偉の存在感が増すと良いのですが、日本の企業にとっては、モータースポーツ、特にF1でのスポンサードはハードルが高いのでしょうか?

今シーズンも昨シーズン以上の、そして、マシンの実力以上の可夢偉の活躍を期待しましょう!![手(グー)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Amalgam元日到着 [F1]

大晦日にまだ到着しないという記事を書いたAmalgamからの荷物が元日に届きました。

発注していた「Amalgam Ferrari F2007 Nose Cone」です。

日本国内はどこの配送業者が運んでくるのかと思っていたら、普通に郵便局でした。
荷物のラベルを見てもよく理解できませんでしたが、単純な国際郵便ではなさそうでした。
Amalgam_01.jpg

外箱を開け、中のパッケージを出すと、Ferrariレッドっぽい化粧箱でした。
Amalgam_02.jpg

最終的に中に入っていたのは、台座の部分と、ノーズ模型の本体、それらをつなぐネジとレンチでした。
Amalgam_03.jpg

組み上げるとこんな感じに仕上がります。
Amalgam_04.jpg

台座のプレートは保護シートを外すと、糊のようなものが結構しつこくこびりついていて、ウェットティッシュでゴシゴシと掃除したら、綺麗になりました。

他の模型とあわせて、コレクションケースに収納して飾っておきます。

購入時の送料込みの代金の合計額は$110.61でしたが、カードの請求額では日本円で9501円でした。
1$=86円弱の換算レートで買えたようです。円高の恩恵にあずかれました。
ちなみに、国内でF1グッズを扱うショップでは、2万円近くの値段で売られているところもあるので、約半値で購入できたことになります。

Amalgam模型まだ届かず [F1]

10日前の12/21に注文したAmalgamの"Ferrari F2007 Nose Cone"は、12/31までに自分の手元には届きませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

イギリスからの個人輸入なのですが、1週間程度有れば、届くかなぁと思っていましたが、少し甘かったようです。
国際的な貨物の所要日数がどれほどなのか、詳しくは知らないので、DHLのサイトで調べて見ましたが、ここで調べた結果では、1週間で届くような結果でした。まあ、運送業者によっても変わると思うので、一概に何日以内とは言えないので仕方がないです。
もう少し気長に待つとします。
クリスマスと年末年始が有るので、物流の混乱も有る程度有るかもしれないし。
はやり個人輸入なので、いつ届くか分からないとかそのあたりはリスクが有りますね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Amalgam Ferrari F2007 Nose Cone 注文 [F1]

F1雑誌の広告にも掲載されていたイギリスのAmalgamという会社の1/12スケールのノーズコーンを注文してみました。

FerratiF2007NoseCone.png

欲しいのが、少し前のモデル(Ferrari F2007のライコネン車)だったため、国内のF1グッズを扱うショップには、ほとんど在庫が無かったため、本家(Amalgam社)のサイトで直接注文することに。

海外のサイトなので、配送などに不安は残りますが、円高の恩恵も受けられるだろうと、値段を確認すると、
通貨別に、
 英ポンド £69.99
 ユーロ EUR90.00
 米ドル $99.00
となっていて、現時点のレートで円に換算すると、大体、
 英ポンド 約9,100円
 ユーロ 約9,900円
 米ドル 約8,300円
になるため、断然安い、米ドルで注文を入力。

送料は別途、$26.35かかり、合計で$125.35となりますが、
"VAT (Deducted as your delivery address is outside the EU) -$14.74"
と表示され、合計額は$110.61でした。

"VAT"とはEU圏内で課税される付加価値税(消費税)のことで、
発送先の住所が日本なので、除外されたようです。

そのまま支払処理を進めて、PayPalで支払を完了して、注文も完了しました。

最終的な支払額は、クレジットカードの請求時点の為替レートでの計算になりますが、1$=90円でも、1万円以下なので、十分有りだと感じました。

あとは、商品が無事に届くのを待つだけですが、どれぐらいの日数がかかるかは現時点では、不明です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アロンソの移籍先&来期の展望 [F1]

アロンソのマクラーレン離脱が正式に発表されて、しばらく経ちますが、そろそろ移籍先が決まりそうですが、大方の予想通り、ルノーに落ち着くんじゃないかな。
報道によると、ルノーのボスであるカルロス・ゴーン氏が3年契約を主張して、単年契約を希望するアロンソ側との相違により、契約に至っていないということですが、3年は無理としても、2年ないしは、アロンソ側の希望通り、単年契約で落ち着くのでは無いでしょうか???
2009年シーズンから、フェラーリにいくという噂もほんとか嘘か、真相は分かりませんが、個人的には、フェラーリは今季、ライコネンでタイトルも獲得し、実質的にライコネンがナンバーワン、マッサがナンバーツーという体制で安定していけるんじゃないかと思うので、大金をはたいてアロンソまで獲得する必要は無いんじゃないかと思えるんだけどね。
ドライバーエイドの禁止により、マッサよりライコネン優位が、さらに際だつんじゃないかとも思うし。来期、ハミルトンもどこまでいけるかが見物ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

昔のF1映像 [F1]

ちょっとYouTubeを見てたら、F1の車載映像(オンボードカメラ)を見つけました。
昔のF1は、いまより迫力を感じます。
この当時は、中学生だったかな。夜中のF1をビデオ録画して、観てました。

1991 USA Grand Prix (Phoenix, Arizona)
http://www.youtube.com/watch?v=07SNrfPmHbI

1991年は、ジャン・アレジがティレルからフェラーリに移籍した年ですね。
そのアレジと、マクラーレン・ホンダのアイルトン・セナの車載映像です。
今宮さんの解説がついてました。

Senna vs Alesi, F1 1990 America GP
http://www.youtube.com/watch?v=FEZEFZArU_M
更に前年、1990年の開幕戦・アメリカGPでのセナとアレジのバトル映像です。
非力なティレルのマシンで、マクラーレンに乗るセナにからんでいくアレジが凄いです。
いまみても名バトルですね。


大人げないですな [F1]

F1のオフシーズンのテストで、ミハエル・シューマッハが昨年の最終戦・ブラジルGP以来、フェラーリのマシンに乗ったみたいですが、2日連続、トップタイムとは凄いですね!!
っていうか、大人げないなと思ってしまいました。
史上最強のチャンピオン、皇帝・シューマッハ様といえども、1年ぶりのフェラーリ騎乗で、しかも初乗りの2007年マシンで、トップタイムというのは凄いね。いくらテストといえども、本人は相当、本気で乗ってるんでしょうね。
あの人の性格からして、中途半端なのは嫌なんで、とことん限界まで攻めてるんだろうな。
スポーツにタラレバは禁物ですが、今季、まだ現役で走ってたら、余裕でチャンピオンとれてたかもね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

F1開幕 [F1]

いよいよ、今週末に今シーズンのF1も開幕するので、楽しみです。
土日はスカパー!で生視聴の予定。
オーストラリアは昼間なので、結構、うれしいですが、子供が騒いでるとゆっくり見られないかも!?

開幕前の下馬評では、フェラーリがあたまひとつ、出ているみたいですが、ふたを開けてみないと分からないですね。
ウィンターテストの情報だと、ライコネンよりもマッサの方が、乗りこなせてるみたいで、以外に、マッサが本命のような気もしますね。

マクラーレンも侮れないし。
チャンピオンのアロンソが移籍してきたことで、チームの士気もあがってるだろうし。
それに対して、ルノーは、どうもドライバーがパッとしない感じで、沈みそうな予感...

オーストラリアでやっと発表になったスーパーアグリのニューマシンSA07は、
カラーリングが変わったせいで、いままでのマシンとの違いが今ひとつわかりにくい!?
マークプレストン曰く、パワートレーンとか中身の部分は、昨年のマシンのままだとか。
スパイカーとか、ウィリアムズは、カスタマカーの問題で、どう対応してくるのかが心配ですが...

まあ、やっとシーズン開幕ということで楽しみですね。

関係あるようで無いような話。
最近、レッドブルのドリンクがコンビニとかでも売ってるみたいなので、
一度、飲んでみようかな。おいしいのかなぁ???


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

今年のF1は? [F1]

もう15年以上、F1を見続けているが、今年のF1はなかなか見通しの難しいシーズンではないでしょうか?
長らくチャンピオンとして君臨したミハエル・シューマッハが引退し、新しくフェラーリ入りしたキミ・ライコネンに注目ですが、まずは、チームメイトのマッサと対等の扱いを受けるらしいので、チーム内での争いが見物ではないでしょうか?
そして、昨年のワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソがマクラーレンに移籍したのも注目です。個人的にはルノー残留の方が、チームとして安定していたのではないかと思いますが、マネージャも務めるフラビオ・ブリアトーレと袂を分かって、マクラーレンに移籍したということで、どうなるか楽しみです。あまり参考にはならないでしょうが、ウィンターテストではマクラーレンはそれなりの速さを見せているようなので、例年通り、信頼性次第では、アロンその連覇も夢では無いかも。
あと日本人としては、はやりスーパーアグリにも活躍して欲しいところですが、まずは2年目のシーズンにどんなクルマを作ってくるのかが注目ですね。ホンダのカスタマーカーは無理そうなので。
意外に怖そうなのが、ニューウェイさんがデザイナーになったレッドブルでしょうか。エンジンもルノーにスイッチして、結構、上位に食い込むような気もしますが、ドライバーは個人的にはパッとしないなぁっていう印象ですね。
まあ、開幕戦まで、まだ合同テストなどもありますので、楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。