So-net無料ブログ作成

メモリ増設で不安定(ディスプレイ ドライバー amdkmdap が応答を停止しましたが、正常に回復しました。) [コンピュータ]

メインのPCは2年近く前に組み立てた自作PCで、
MB:ASUS M3A-H/HDMI
CPU:AMD Athlon 64 X2 5200+
Memory:CFD elixir W2U800CQ-1GLZJ(DDR2 PC2-6400 1GB 2枚組)
というパーツ構成で、
OSは、Windows7Pro(64bit)を使用している。

仮想化ソフトのVMware Playerで、OSの検証をしようと思い、メモリを増設することにした。

購入したのは、Silicon Power製のSP004GBLRU800S22 (DDR2 PC2-6400 2GB 2枚組)。

早速、MBに増設(追加)してみると、BIOS上は合計6GBで認識し、OSも起動できたが、
使用中、画面がちらつき、トレイアイコンに「ディスプレイ ドライバー amdkmdap が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」というメッセージが何度も表示され、動作が不安定になってしまった。

サイズのでかいファイルを外付けHDDにコピーしたまま、目を離してしばらくしたら、勝手に再起動していた。
どうも、既存のメモリと増設した新規メモリの相性が良くないらしいので、既存メモリを取り外し、新規メモリのみの構成で起動させたら、症状が改善された。

どうも、異なるメーカ製のメモリを組み合わせると、相性問題が発生するみたいですね。
多少、値が張ってもメーカを合わせておけば良かったなと後悔。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。