So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

小林可夢偉の活躍 [F1]

今年もF1の開幕が近づいてきました。

と言っても、開幕戦だったはずのバーレーンGPがキャンセルされて、開幕は2週間も延びてしまったので、開幕を楽しみにしていたファンにはちょっと残念なところです。
理由が理由なので、仕方が無いところですが...

昨年は、唯一の日本人レギュラードライバーである小林可夢偉がそこそこ活躍してくれて、今年はより一層、活躍を期待してしまうところです。
開幕前の合同テストでは、各チームの力関係はいまいちみえないところもあるので、今年のマシンC30でどこまで行けるかはまだまだ未知数ですね。

昨年、他のドライバーとは違うタイヤ戦略で、コース上でのオーバーテイクを見せてくれた技を今年も期待してしまうところですが、タイヤはBSからPIRELLIに替わり、リムーバブルリヤウイングの採用や、KERSの復活などの影響がどれくらいあるかも楽しみなところです。

不況下にある現在の経済状況ですが、どこか大手の企業がスポンサーになって、応援してあげて欲しいと思っていたら、数日前にF1情報サイトで、ザウバーのマシンにNECのロゴがついていたという記事を見ましたが、どれほどの支援なのか、現時点では詳しい情報はありません。ザウバーのスポンサーはチームメイトのルーキー・ペレスの関連のメキシコ企業ばかりが目立っているので、もっと日本企業がスポンサーになって、そちらの意味でも、可夢偉の存在感が増すと良いのですが、日本の企業にとっては、モータースポーツ、特にF1でのスポンサードはハードルが高いのでしょうか?

今シーズンも昨シーズン以上の、そして、マシンの実力以上の可夢偉の活躍を期待しましょう!![手(グー)]

VMware Player 上で Android [コンピュータ]

●Android-x86のisoイメージダウンロード

android-x86 プロジェクト日本語トップページ - SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_android-x86/

このページのリンクから、isoイメージファイルをダウンロードする。
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_android-x86/downloads/Release%202.2/android-x86-2.2-generic.iso/
ファイル名: android-x86-2.2-generic.iso
サイズ: 86,421,504 バイト(82.4MB)
MD5: 848f3b571b2f2b0cf89d44800298b2b9

公式ページ(http://www.android-x86.org/)での説明によると、このisoイメージファイルは、
「Android-x86 2.2 live & installation iso for generic x86 PC/notebook/netbook/tablet」となっています。

●「VMware Player」にインストールする

s001_VM_NewMachine.jpg
VMware Palyerを起動し、[新規仮想マシンの作成]をクリック。

s002_VM_NewMachine.jpg
新規仮想マシン作成ウィザード画面で、"インストーラディスクイメージファイル"を選択し、ダウンロードしたisoイメージを選択。

s003_VM_NewMachine.jpg
仮想マシン名、格納場所を入力。

s004_VM_NewMachine.jpg
ディスク容量の指定は、デフォルトのままの"8.0GB"(ディスク最大サイズ)。

s005_VM_NewMachine.jpg
次の画面でそのまま完了せず、[ハードウェアをカスタマイズ]をクリック。

s006_VM_NewMachine.jpg
メモリ容量は、GALAXY Tabにならい、"512MB"に変更(デフォルトは"256MB")。

s007_VM_NewMachine.jpg
モニタの最大解像度を、"1024 x 768"に変更。

元の画面に戻り、[完了]をクリック。

s009_VM_NewMachine.jpg
仮想マシン"Android-2.2"ができているので、[仮想マシンの再生]をクリック。

s101_初回起動時メッセージ(Tools).jpg
VMware Toolsをインストールするかどうかというメッセージボックスが表示されたら、"後で通知する"を選択。

s102_起動画面.jpg
あっけなく、Androidの画面が起動。

いまいち操作方法がわからなかったけど、右下の鍵のアイコンをクリックし、ドラッグしたまま情報へ移動させたら、ロック解除されたっぽい。

s103_Home画面.jpg
いわゆる「ホーム画面」ってやつかな。

s104_Home画面.jpg

s105_Settings画面1.jpg
とりあえず、何か設定が変えられるかどうか「Settings」を選択。

s106_Settings_Screentimeout.jpg
Display > Screen Timeout
"10minutes"に変更(デフォルトは"1minute"なので、すぐにロックがかかってしまう)。

下にスクロールして

s107_Settings画面2.jpg
s108_Language-and-keyboard-settings.jpg
Language & keyboard > Select Language

s109_Locale.jpg
"Japanese"に変更。

s110_Japanese変更後.jpg
画面表示が日本語表記に変わる。


言語とキーボードの設定 > Keyboard layout setting

s111_Keyboard-layout-setting.jpg
"Japanese"に変更。
※再起動しないと変更されない旨のメッセージが表示される。


メモリ増設で不安定(ディスプレイ ドライバー amdkmdap が応答を停止しましたが、正常に回復しました。) [コンピュータ]

メインのPCは2年近く前に組み立てた自作PCで、
MB:ASUS M3A-H/HDMI
CPU:AMD Athlon 64 X2 5200+
Memory:CFD elixir W2U800CQ-1GLZJ(DDR2 PC2-6400 1GB 2枚組)
というパーツ構成で、
OSは、Windows7Pro(64bit)を使用している。

仮想化ソフトのVMware Playerで、OSの検証をしようと思い、メモリを増設することにした。

購入したのは、Silicon Power製のSP004GBLRU800S22 (DDR2 PC2-6400 2GB 2枚組)。

早速、MBに増設(追加)してみると、BIOS上は合計6GBで認識し、OSも起動できたが、
使用中、画面がちらつき、トレイアイコンに「ディスプレイ ドライバー amdkmdap が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」というメッセージが何度も表示され、動作が不安定になってしまった。

サイズのでかいファイルを外付けHDDにコピーしたまま、目を離してしばらくしたら、勝手に再起動していた。
どうも、既存のメモリと増設した新規メモリの相性が良くないらしいので、既存メモリを取り外し、新規メモリのみの構成で起動させたら、症状が改善された。

どうも、異なるメーカ製のメモリを組み合わせると、相性問題が発生するみたいですね。
多少、値が張ってもメーカを合わせておけば良かったなと後悔。。。

フリーのバックアップソフト「EASEUS Todo Backup Home 2.0」 [コンピュータ]

フリーソフト「EASEUS Todo Backup Home 2.0」

窓の杜で紹介されていたフリーのバックアップソフト「EASEUS Todo Backup Home 2.0」を試してみる。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110106_418250.html

まずは、サイトからダウンロード
http://www.todo-backup.com/
ファイル:tb_home.exe
サイズ:63.6MB

tb_home.exeを起動して、インストールを実行

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg
以上でインストールは完了するので、メッセージに従い、再起動

再起動後、デスクトップ上のショートカットアイコンをダブルクリックして起動
01_kidou.jpg

02_Home.jpg
無事に起動できることを確認し、とりあえず今日はここまで!!

Amalgam元日到着 [F1]

大晦日にまだ到着しないという記事を書いたAmalgamからの荷物が元日に届きました。

発注していた「Amalgam Ferrari F2007 Nose Cone」です。

日本国内はどこの配送業者が運んでくるのかと思っていたら、普通に郵便局でした。
荷物のラベルを見てもよく理解できませんでしたが、単純な国際郵便ではなさそうでした。
Amalgam_01.jpg

外箱を開け、中のパッケージを出すと、Ferrariレッドっぽい化粧箱でした。
Amalgam_02.jpg

最終的に中に入っていたのは、台座の部分と、ノーズ模型の本体、それらをつなぐネジとレンチでした。
Amalgam_03.jpg

組み上げるとこんな感じに仕上がります。
Amalgam_04.jpg

台座のプレートは保護シートを外すと、糊のようなものが結構しつこくこびりついていて、ウェットティッシュでゴシゴシと掃除したら、綺麗になりました。

他の模型とあわせて、コレクションケースに収納して飾っておきます。

購入時の送料込みの代金の合計額は$110.61でしたが、カードの請求額では日本円で9501円でした。
1$=86円弱の換算レートで買えたようです。円高の恩恵にあずかれました。
ちなみに、国内でF1グッズを扱うショップでは、2万円近くの値段で売られているところもあるので、約半値で購入できたことになります。

Amalgam模型まだ届かず [F1]

10日前の12/21に注文したAmalgamの"Ferrari F2007 Nose Cone"は、12/31までに自分の手元には届きませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

イギリスからの個人輸入なのですが、1週間程度有れば、届くかなぁと思っていましたが、少し甘かったようです。
国際的な貨物の所要日数がどれほどなのか、詳しくは知らないので、DHLのサイトで調べて見ましたが、ここで調べた結果では、1週間で届くような結果でした。まあ、運送業者によっても変わると思うので、一概に何日以内とは言えないので仕方がないです。
もう少し気長に待つとします。
クリスマスと年末年始が有るので、物流の混乱も有る程度有るかもしれないし。
はやり個人輸入なので、いつ届くか分からないとかそのあたりはリスクが有りますね。

坂の上の雲を見て想う [テレビ]

NHKで去年の暮れから放送されているスペシャルドラマ「坂の上の雲」を今年も見ていて、幕末から明治にかけて、欧米の列強に植民地支配されていくアジアの周辺の国々の現実をみて、国民あげて、貧しいながらも富国強兵の合い言葉の元に、勤勉に労働に励み、軍備を増強して、日本国としての独立を守り抜こうという決意を感じます。
太平洋戦争後の日本は、良くも悪くも、長らくアメリカの軍事力に頼り、軍事的に自衛(自立)するということを考えずにきたのだと感じる。東西冷戦下の世界のバランスの中では、そうした政策で、うまく経済成長を果たし、経済大国としての地位を得るに至ったが、21世紀に入った現在では、中国、ロシアといった国が、資源や高い経済成長を武器に、自国の主張をするようになってきている。
尖閣諸島や北方領土で起きている事態を踏まえると、これからの日本のあり方を真面目に考えないと、この国の将来は非常に危うく想えて仕方がない。少なくとも現政権を担当している政党においては、安全保障の基本理念が無いということが致命的であると想う。

Amalgam Ferrari F2007 Nose Cone 注文 [F1]

F1雑誌の広告にも掲載されていたイギリスのAmalgamという会社の1/12スケールのノーズコーンを注文してみました。

FerratiF2007NoseCone.png

欲しいのが、少し前のモデル(Ferrari F2007のライコネン車)だったため、国内のF1グッズを扱うショップには、ほとんど在庫が無かったため、本家(Amalgam社)のサイトで直接注文することに。

海外のサイトなので、配送などに不安は残りますが、円高の恩恵も受けられるだろうと、値段を確認すると、
通貨別に、
 英ポンド £69.99
 ユーロ EUR90.00
 米ドル $99.00
となっていて、現時点のレートで円に換算すると、大体、
 英ポンド 約9,100円
 ユーロ 約9,900円
 米ドル 約8,300円
になるため、断然安い、米ドルで注文を入力。

送料は別途、$26.35かかり、合計で$125.35となりますが、
"VAT (Deducted as your delivery address is outside the EU) -$14.74"
と表示され、合計額は$110.61でした。

"VAT"とはEU圏内で課税される付加価値税(消費税)のことで、
発送先の住所が日本なので、除外されたようです。

そのまま支払処理を進めて、PayPalで支払を完了して、注文も完了しました。

最終的な支払額は、クレジットカードの請求時点の為替レートでの計算になりますが、1$=90円でも、1万円以下なので、十分有りだと感じました。

あとは、商品が無事に届くのを待つだけですが、どれぐらいの日数がかかるかは現時点では、不明です。

Walking Checker 0623 [健康]

F906iには、歩数計がついています。
Wailking Checkerというiアプリで、一日の歩数や、距離などが見られます。

今日の歩数は、14845歩でした。
自宅~駅までの自転車乗車時もカウントされていたみたいなので、
そのときの1500~2000ぐらいの誤差を差し引いたとしても、
今日は仕事中の外出時にも歩いたので、結構な距離を歩きました。

20080623walking
歩数:14845歩
歩行距離:9800m
いきいき歩数:8559歩
いきいき歩行時間:1時間19分
消費カロリー:405kcal
脂肪燃焼量:57g

ウォーキングとかすると脂肪を燃やせるイメージがあったんだけど、
これだけの歩数&距離でも、たった57gしか燃焼していないのは、少しショック。
ちょっとやそっと歩いたぐらいでは、やせないと言うことでしょう。
何事も継続しないと意味無いだろうし。
頑張らねば。

F906i [携帯]

携帯電話を替えました。
DoCoMoのD902iを1年8ヶ月使って、今度はF906iです。
たしか、DとFは基本的なソフトウェア部分は共同開発しているはずなので、
Fは初めてだけど、メニュー構成とかの使い勝手はほぼ同じで、あまり違和感なし。
機種変更するたびに、画面(液晶)の綺麗さには感動です。
サイズは小さいですが、解像度が高いので表示が綺麗ですね。

今度の機種は、ワンセグあり、フルブラウザありで機能的には最新なので当然、不足なしです。
以前は、PとかNを使っていたので、Fはずっとノーマークでしたが、
結構、機能的に自分に向いてるかなぁと思って、Fにしました。
発売されたばかりの機種なので、905よりは+1万円ほど高かったですが、
2年間使うつもりで、後悔しないように最新機種に決定!!
バリューコースで、端末代金は割賦購入なため、店頭では支払い0円。
よくよく考えると、最近、話題の格安ノートPC(Eeeとか)より高い。

まだパケットパックなので、フルブラウザとか怖くて使えませんが、
来月は、お試しでパケホーダイ・フルあたりを契約してみようかな。
機能をフルに使いこなそうと思ったら、携帯代金も天井知らずになっちゃいますね。
F906i(ホワイト)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。